So-net無料ブログ作成
検索選択

トレンドニュース情報局365

今話題のニュースを中心に独自の視点で紹介します。

前の10件 | -

すき家のゼンショー人手不足による店舗閉店の原因と今後の展望 [経済]

sukiya

牛丼チェーンでこの10年で大躍進を続けてきたすき家。最近のニュースで人手不足が原因による店舗が一部閉店に追い込まれている状況になり、これまでの大躍進による大きな歪がここに来て浮き彫りになったと思われます。人手不足により閉店になる店舗も大きな影響となるが、店舗のオペレーション人数の減少が店舗運営に更に大きく影響してこれからの消費者のすき家離れが懸念されます。


続きを読む


粉ミルクの明治中国での販売撤退 [経済]

食品大手の明治が中国での販売を行っていた粉ミルクに関して販売撤退を
発表しました。


一時期は中国製の粉ミルクの2008年に起きた有害物質メラミン混入事件後
中国産の粉ミルク離れが進む中、中国では中国産の粉ミルクより外国産の
粉ミルクの人気が高く明治の粉ミルクは代表的な国外ブランドとして中国での
認知度はとても高いものでした。


なぜそれほど認知度が高かったにもかかわらず明治は中国での販売を撤退する
ことを決めたのでしょうか。


現在の中国での粉ミルク事情を交えてお伝えします。

続きを読む


ハウステンボス続く黒字経営。なぜ黒字化に成功したのか?会社経営の秘訣

tenbosu

2003年2月に負債総額2289億円というテーマパーク最大の負債金額で経営破綻したハウステンボス。会社更生法の適用を受けながら幾度の経営者交代を経ながら再生に挑んできたが結果が伴わず 。2010年に旅行業者大手のH.I.Sの澤田秀雄社長が就任すると昨年にハウステンボス開業以来初の黒字化を達成した。

 

 

 

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

ヤフーIDを1年以上放置しているものは希望者のものになる時代 米ヤフー [IT]

images

米ヤフーは、現在所有のヤフーIDが少なくとも1年以上使用していないものに対してヤフーIDのリセットをおこないそれらのヤフーIDを希望者に提供すると発表されました。

日本でも近くこの流れを受けて日本でも近い将来に使用されていないヤフーIDが希望者のもとに提供される時がくるかもしれません。

続きを読む


国際教養大学が就職率100%2人に1人が有名企業秘訣 [教育]

akita

秋田県にある創立わずか10年の大学が今や都会の有名国公立大学や有名私立大学と並んで人気の高く国際性豊かな人材を育て今では就職率100%しかもそのほとんどが有名企業に就職をしている驚きの大学が地方都市秋田にあります。

 

 

 

続きを読む


プレイステーション4 発表 本体画像動画 [IT]

E3 2013 のプレイステーションプレスカンファレンスでソニーが PS4 の本体を初公開しました。
ライバルの米マイクロソフト社の新型のゲーム機の発表も有りこれにニンテンドーの
新型の「Wii U(ウィー・ユー)」が昨年販売されておりこの3社によるゲーム市場の
戦いに火蓋が切って落とされそうです。

続きを読む


東西線が遅延 遅延証明証を忘れずに [社会]

img_644911_23827597_0

07:30頃、門前仲町駅で車両点検を行った影響で、現在も列車に遅れが出ています。なお、快速の運転およびJR中央総武線(各停)との直通運転を中止しています。(6月11日 10時00分掲載)

この影響に伴い現在は代替輸送の承知をとっているようです。

 

 

続きを読む


イケアがティーカップ自主回収 世界で22万個販売。日本では? [経済]

スウェーデンの大手家具メーカーのイケアは日本で販売されていた
大型のティーカップ「リーダジャンボカップ」(重さ500グラム、高さ11センチ)
日本では2012年8月から2013年5月まで販売されていました。


この商品に熱い飲み物を入れた時にいきなりカップが割れてしまったと
全世界で20件報告がありました。
この内10件は火傷を負っており、日本でも同じような破損が1件報告
されました。


続きを読む


ヤマダ電機が中国スピード撤退 中国からの撤退理由は? [経済]

6月6日ヤマダ電機が中国の天津にある店舗を閉鎖すると
発表しました。
先月末に南京店の閉鎖を決定しており残る店舗は
瀋陽市のみとなりました。


今回の撤退でヤマダ電機は天津店を約2年。南京店を1年3ヶ月で
スピード撤退することになりました。


日本で急成長を続けているヤマダ電機が今回の中国進出を
失敗したのはなぜなのか?

続きを読む


中国大気汚染が原因。PM2.5が人体にもたらす影響が物凄い [環境]

中国の大気汚染により日本への影響が懸念されるPM2.5が原因で
中国では物凄い影響を受けているとの報告がありました。


はたして、人体への影響や今後中国が取って行かなければならない
対策をご紹介します。

続きを読む


前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。